みらいを見据えた、新しい販促マーケットを提案します!

企業経営において新たな世界基準の軸となった「SDGs」。
近年、企業が永続的に存在するために、自社利益のみを追求するのではなく、自らが社会の一員として「社会そのもの」が永続的に発展する取り組みに貢献することが強く求められてきました。

そして今、環境保全・社会利益・経済メリットのバランスを取りながら永続的に発展していく「サステナブル」な取り組みは、各業界で重要なビジネスキーワードとして浸透し、新たなビジネスチャンスも生み出しています。

当展では “販促から始めるSDGs” をコンセプトに、人・環境・社会に優しい販促ツールを「出展エリア」と「特別展示イベント」で集中展示し、セールスプロモーション活動に携わる、感度が高い有力バイヤーの皆様に発信いたします。次の新しいSP提案を考えるバイヤー様必見の企画です。

出展社紹介 (五十音順)

  • (株)キャライノベイト
    日本製にこだわった香りのアイテムをご提案いたします。
  • (株)清原織物
    工場の残糸を使ったクラフトグッズ
  • グリーンフィールドプロジェクト
    有機種子、スプラウト栽培キット、ねこ草栽培キット
  • (株)国府印刷社
    和紙こよりで中綴じしたエコ冊子、紙製品
  • Coprire (コプリーレ)
    山に放置された間伐木で作ったペットボトルオープナー
  • 山陽製紙(株)
    産業廃棄物や使用済コピー用紙をリサイクルした製品提案
  • CP JAPAN TRADING(株) / HANGZHOU EASY PLUS TECHNOLOGY Co.,Ltd.
    環境を意識した販促品
  • 大同至高(株)
    エコ素材を使用し、OEM可能な日本製のアイディア販促品やクリアファイル
  • danbal
    リサイクル可能な強化ダンボールプロダクト
  • 2 smiles novelty(シサム工房)
    SDGsに対応したフェアトレード・ノベルティ
  • 東洋スチール(株)
    長く使ってサステナブル!世代を超えるツールボックス
  • (株)ナストーコーポレーション
    究極のSDGs対応タオル、ピタットタオル
  • ニヨド印刷(株)
    紙製ファイル、間伐材を使ったノート・メモ・カレンダー
  • (株)猫舌堂
    ピアメイドカトラリー
  • 100%植物由来バイオプラスチック 「PLANEO™(プラネオ)」
    植物由来100%バイオプラスチックを使用した環境対応型ノベルティ製品
  • フロンティアジャパン(株)
    国産間伐材を使用したOEM制作品
  • (株)Bo Project.
    使い捨てない箸、国内の間伐材で作った国産パルプのおしぼり
  • (株)山櫻
    バナナペーパー製品各種、SDGs貢献を目指した紙製品
  • (有)レトロバンク
    スプラウトペンシル、フローティングボールペン

2022年9月27日 現在

>>> 詳細はこちら

特別展示イベント開催!

ロゴ
写真

持続可能な社会の実現をめざして、人と環境に優しく、社会と地球の課題解決にもつながる素敵な販促ツールを全出展社より募集し集中展示します。 SP提案において、新たなスタンダードコンセプトになりつつある「サステナブル」。
これからの販促マーケットにおけるアイデアとヒントを発信します!

※イベント会場でアンケートにご協力いただくと、素敵なサステナブルノベルティをプレゼント!

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真

>>> 参加商品はこちら

SDGs関連セミナーの開催!!

聴講無料

F-4 10月6日(木) 13:30~14:30

「人・環境・社会」へ優しいものづくりとは?
~持続可能な社会の創出を目指して~

「企業活動を通じてSDGsへ貢献したい」という意識が広がる中、どのようにアプローチすれば良いのか?に悩む企業はまだまだ多くいらっしゃると思います。
本講演では「人・環境・社会へ優しいエシカルなものづくり」に取り組む当社が持続可能な社会の創出に欠かせない「フェアトレード」や「サーキュラーエコノミー」といった考え方をビジネスにどのように取り入れ、進めてきたのか?を実践事例と共にご紹介致します。

【講 師】

写真:市瀬 豊和氏

株式会社山櫻
代表取締役社長
市瀬 豊和氏

聴講無料

F-7 10月7日(金) 13:00~14:00

「プラスチック資源循環法施行」の背景と意義について

国内のプラスチックの資源循環を強化する必要性から、「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」が2021年6月に成立、2022年4月に施行されました。この法律は、プラスチック製品の設計から廃棄物の処理に至るまでのプラスチックのライフサイクル全般で、事業者・消費者・国・地方公共団体などすべての主体による3R+Renewableの取組を促進するものです。本法律の概要及び各主体の役割について解説します。

【講 師】

写真:江藤 文香氏

環境省
環境再生・資源循環局
総務課リサイクル推進室
室長補佐
江藤 文香氏

>>> セミナーのお申し込みはこちら


TOP