• ホーム
  • 見本市概要
  • 本展示会の特色

本展示会の特色

販売促進業界を牽引する専門見本市
  1. 国内最大級の販売促進ツールの総合見本市

    60回目を迎える本ショーは、販売促進ツールの専門展示会として春・秋2回開催しています。春は新年度・夏向けキャンペーン商材、秋は年末年始商材、次年度の新製品発表の場として活用されています。

  2. 企業の販促担当者とダイレクトに商談

    本ショーは、関係者のための専門見本市(トレードショー)で、一般の方は入場できません。事務局は毎回データを精査し、業績好調な業界の大手有力バイヤーの誘致に全力を注ぎます。電話やDM営業では、出会えない質の高いバイヤーと直に商談ができる商談重視の専門見本市です。

  3. 高い出展効果

    春・秋2回の開催で、定番商品から最新の人気商材までタイムリーに提案することができる、来場者のニーズに応える展示会として評価されています。来場者アンケートの結果、8割以上の来場者が当ショーの会場にて採用または検討してみたい商材を見つけています。

  4. 幅広い出展対象

    定番ノベルティからオリジナル販促品、集客・販促に役立つPOP、店舗演出用品はもちろん、ITを使ったマーケティングシステム、印刷ソリューションなど幅広い販促支援ツールが出展対象です。

写真1
写真2
写真3
写真4

都市型展示会場
 ― サンシャインシティ コンベンションセンター ―

抜群の交通アクセスを誇る「池袋」

  • 池袋駅へは、東京駅から約16分、新宿駅から約5分。山手線内にある都市型の展示会場です。
    東京メトロ「東池袋駅」からは、地下通路で直結しており、雨の日でも濡れずに会場までお越しいただけます。
  • 展示会後のミーティングや食事会など、アフターコンベンションも充実しています。約270のショップ&レストランや博物館、水族館、プラネタリウムなどの文化施設、ホテル等を備えた 複合施設が多彩なビジネスをサポートします!
写真5
写真6
写真7