ご挨拶

プレミアム・インセンティブショーは、1990年2月に東京インターナショナル・ギフト・ショーと併催で、第 1回を開催し、1992年4月にはサンシャインシティ・コンベンションセンター(東京・池袋)で単独開催となって以降、日本の販売促進マーケットの専門見本市として多くの出展社様と販売促進に携わる多くの来場者様に広く支持されてきました。
販促業界を28年間牽引してきた当展示会だからこそできる様々な施策を会場で展開する予定です。
2017年2月の開催では、会場をサンシャインシティ文化会館から東京ビッグサイトへ移転し、54,871名のご来場者様にご来場いただき、活発な商談が行われました。これまでのご来場者にプラスし、小売・流通関係の皆様にも多数ご来場いただき、新たなビジネスチャンスが広がったと感じております。また今回も人気の第3回リテールプロモーションアワードの表彰式と受賞者によるプレゼンテーションなど、各種イベントも実施いたします。販促業界を牽引してきたプレミアム・インセンティブショーだからこそできる様々な施策も会場で展開する予定でおります。どうぞご期待ください。

株式会社ビジネスガイド社 代表取締役社長 芳賀信享



テーマ:  ITを活用した販売促進戦略 Part 3 〜魅力あるSPツールとITの融合〜

販売促進の多様化が進んでいる現在、単一的な方向性だけでは、効果的な施策を行うのが難しくなってきています。様々な状況、時代の変化等に合わせて新たな戦略を打ち出す必要性が高まってきています。実効性のあるプロモーションを行うには、ITの活用が必要不可欠です。IoT(Internet of Things)、AI(人工知能)やサービスロボットの開発も急速に進んでおり、これらを活用した販売促進戦略が、今後重要となってきます。モノだけで完結ではなく、ITだけでも完結することなく、魅力あるSPツールとIT関連技術が融合することにより、新たな“戦略”が誕生します。そこで、東京インターナショナルプレミアム・インセンティブショーでは、「ITを活用した販売促進戦略 Part 3 〜魅力あるSPツールとITの融合〜」をテーマに掲げ、多彩なSP企画や豊富なSPツール、最先端の印刷技術、ITを活用したマーケティングシステム、多くの店舗演出関連商材など、最新のSP関連商材を展開いたします。


      ▲前回の様子